2009年01月11日

目覚める闘争心 スターソルジャー



090108_1940~01.1.JPG


 人気ブログランキングへ



 ファミコンが子供の市民権を得て、いつしか優劣を全国レベルで
競うようになっるキッカケを作った。
小学生当時、自分がどれだけゲームが上手いのか。
また、本当に上手いやつのレベルというモノを知ることができた
そんなゲームと言ってもいいかもしれない。
なにせゲームの全国大会だ。子供心に胸が騒いだ記憶が甦る。

 1986年、ハドソンがスターフォースの続編として送り出した
本格的シューティングゲーム、スターソルジャー。
かの有名人、高橋名人の知名度をグンとあげたソフトでもある。
当時は、テレビゲームと言えば子供の遊ぶものとして定着していて
大人が本気で攻略するなんてことはあまりなかったように思う。
そんな時代に、あのマッチョな身体と、痙攣16連射を引っさげて
登場した高橋名人。 子供にとってのカリスマが誕生した。

 各地で小さなゲーム大会は開かれていたかも知れないが、
ソフト会社公認の全国規模の大会を開き、ここまで有名になった
ゲーム大会は、ハドソンの「キャラバン」が最初ではないか。
それ以降も、キャラバンは毎年恒例の行事となり、ゲーム業界を
盛り上げるとともに、シューティングゲームの存在を確立させて
行ったように思う。


 さて、スターソルジャーのルールの方はいたって簡単。
スタンダードなシューティングゲームで、パワーアップアイテムで
自機をパワーアップさせながら、敵を打ちつつ各ステージ最後にいる
ボスを倒せば1ステージクリア。
4面ごとには、超巨大ボスのビッグスターブレインが待っている。
なんと画面の2/3もの大きさを誇り、4つの砲台と心臓部を
破壊しなければならない。
各部32発もの弾を撃ち込まないと倒せない強敵だ。(笑)
全16面で一応の全ステージクリアだが、その後さらに難易度が
上がる裏モードが始まる。


090110_2043~01.JPG
ビッグスターブレイン。当時はビビリまくりの強敵だった。


 このゲームの特徴は、敵出現パターンが決まっているというところ。
これによって、倒すタイミングを自分で調整することで、攻略の
戦略性が生まれてくる。 
各所に存在する高得点の隠れキャラや、高得点の敵をいかにこなして
いくか、どのパターンがいかに効率が良いかの戦略を練るのも、
このゲームの楽しみの一つだろう。
 なにせ全国大会がかかっている。スコアーにこだわらせることで
スターソルジャーの奥深さをさらに引き立てることができた。
ハドソンの販売戦略は、見事に成功したと言えるのではないか。


090110_2045~02.1.JPG
4体合体のラザロ。 合体する前に16発当てて倒せれば
8万点のボーナス。これが出来て初めてスコアラーとしての
スタート地点に立てた。


090110_2143~01.1.JPG
右下の方にある隠れキャラのレーザー。
これを出せればなんと!! レーザーが打てるように。
レーザー1本で16発分の威力。


090110_2146~01.1.JPG
こんな感じでレーザー出せます。
これも、出せるかどうかで攻略難易度が変わってきた。


090110_2050~02.1.JPG
これも隠れキャラのワープ。3面先にワープすることが出来る。

 ほかにも多数の隠れキャラや多数の攻略要素が。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 自分としては当時を思い出してみると、スターソルジャーは
イコールで高橋名人のように思う。 今思えばハドソンの社員なの
だから発売前に練習していたはずなので、上手いのは当然の話。
それに、その後に乱発された各ソフトメーカーにも名人は居た。
なぜに高橋名人だけが、今でも記憶に残るカリスマを出せていたのか。

 高橋名人は「テレビゲームは文化になるとずっと信じていた」
という言葉を残している。
最初は、ただの会社からの要請で始めた広告塔であったのかも
しれない。 しかし、数いた名人の中で彼は本気で子供と
向き合っていたのではないか。
だからこそ、あれだけのムーブメントを巻き起こし、今のゲーム
業界の発展があるように思う。
当時のゲーム小僧達が、今のゲーム業界を支える存在となっている。

 ゲームの本質の面白さは、ゲームの中だけにあらず。
スターソルジャーは、そんなことを感じさせてくれるゲームだった。
当時の高橋名人の動画を懐かしみつつ、そんなことを思い出す
のでした。(´ー`)y−~~

 高橋名人のスターソルジャー攻略


 人気ブログランキングへ
  ↑ ↑ ↑
 いきなりの高ランキング、ありがとうございます。



posted by び〜えむ at 00:17| Comment(6) | スターソルジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
高橋名人昨日TV番組に出てましたよ。スイカ連打で割るシーンが紹介されてました(笑)

この濃密な内容は週1でもしんどいと思いますが、はまってたゲームが紹介されるのを楽しみに待ってます
Posted by もっくる at 2009年01月12日 23:11
>もっくるさん
 更新頻度は、お店の暇状態にもよりますので
未定ではありますが、頑張って書いていこうと
思っています。

やって欲しいゲームとかあったら教えてくださいね。
応援ありがとうございます。^^
Posted by びーえむ at 2009年01月13日 22:07
こんばんわ。
知らないうちに、ファミコンブログを開設してたんですね。
遅ればせながらおめでとうございます。
僕もバリバリのファミコン世代なので、更新を楽しみにしてますね
Posted by 谷口プロ at 2009年01月14日 23:46
>谷口プロさん
 ありがとうございます。^^
こちらはネタが有限なのと、プレイする時間が
必要なので、マイペース更新になってしまいそうです。
同世代の人達が懐かしめるよう、上手く書ければと
思っています。
こちらも宜しくお願いします。^^
Posted by びーえむ at 2009年01月15日 21:24
開設おめでと♪
 
物凄く大好きです、スターソルジャー。
N64を買ったのはスタソルの為。
ゲームキューブを買ったのはスタソルの為。
PCエンジンは、既に持っていたけど
スタソルはあとから購入。
 
一番楽しいのは、今でもファミコンですけどね?(笑
 
裏面の最後のほうに行くと、すごい鬼だけど
バリアをあえてつけないと、一撃でぬっころされるけど、
誘導弾がなかったりと、当時の記憶がふつふつと
よみがえりますね。
 
連射パネルもとれるか、どうかで、大分難易度が
変わりますよね。
 
いくらでもスタソルを酒のつまみに出来ますよ(笑
Posted by ふきゅ at 2009年01月16日 19:23
>ふきゅさん
 そんなにやりこんだとは、意外でした。
シューティングよりRPGって感じに見えるよ。

 裏面までやったことないから難しさ分からない
んだけど、誘導弾とか出るんだ?^^;
書いてみてこんなに反響あると嬉しいですね。


Posted by びーえむ at 2009年01月16日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。