2009年03月02日

硬派か軟派か? アルゴスの戦士

090301_2024~01.JPG



 人気ブログランキングへ



 今回は、「もっくるさん」のリクエストにお答えして、
アルゴスの戦士を取り上げてみました。
リクエストありがとうございます。



090302_2011~01.JPG


 1986年にアーケードで発売されたアルゴスの戦士。
人気があってその後、セガmkIIIやファミコン、X68000
など、様々な機種に移植された。
今回はそのファミコン版に、スポットを当ててみましょう。

 主人公の戦士が、大きなヨーヨーのようなモノを操りつつ
敵をなぎ倒しながら進み、獣王ライガーを倒すのが目的の
アクションRPGです。
 元々は、硬派なアクションゲームだったのですが、ファミコン
に移植する際には、様々な要素が取り入れられ、純粋な移植では
なくなっています。RPG的な要素が一番の特徴で、敵を倒せば
倒すほど主人公は強くなっていく仕様に変更されています。
おそらく、元々がアーケードの難しいアクションゲームだった
のに対し、ファミコンは子供がメインユーザーであり、頑張れば
クリアできるような処置が取られたのだと推測できます。


090301_2055~01.JPG
胸力、腕力とありますが、攻撃力と防御力ですね。
精神力は敵が落とすアイテムで増えて、7つまで持てます。
3つでパワーアップ、5つで特殊攻撃、7つで体力全回復。


090301_2025~01.JPG
サイドビュー固定と思っていたら、なんとトップビューの面も。
ゼルダのように進み、各ステージへの幹的な役割のようです。


090301_2047~02.JPG
ようやく最初のボス。 何気に大苦戦しました。^^;
おそらく強さが足りなかったらしく、死んだ後に雑魚でレベル
アップを目指し、ようやく倒せました。


090301_2216~01.JPG090301_2146~01.JPG090301_2158~01.JPG090301_2216~01.JPG
こんな多彩なボス達が。(笑)
実は、ボスとして出てきたキャラは、後に雑魚として普通に
出てきます。 ようするに、主人公は強くなっていくので
後半になったら雑魚同然になっちゃうんですよね。
なので使い回しなんだと思います。


090301_2218~01.JPG
このゲームで一番難しいとされる、「風の滑車」を使う場面。
ロープ伝いで移動するんですが、これがなかなか難しいんです。
落ちたら普通に死ぬのになかなか成功しない酷い仕様。


090301_2232~01.JPG
さて、なんだかんだで物語りも佳境へ。
5つの証と笛を持ってココに来いと。ここで笛を鳴らすと・・・
ってあるのに、笛の使い方が分からない。^^;
精神力とかは決定がAボタンだったのに対しアイテムはBボタン
だったというオチでした。


090301_2242~01.JPG
ようやく笛を使うことができ・・・


090301_2242~02.JPG
すごい不自然な形で扉が現れた。(笑)


090301_2243~01.JPG
最後はトップビューでのダンジョン。
ラスト面ということでけっこう難しかったです。


090301_2259~01.JPG090301_2302~01.JPG
狭いところに強い敵がけっこう多数配置されていて、体力を
温存しつつ進んでいくのに苦労する。
ようやくたどり着いた扉の先には・・・


090301_2313~01.JPG
出たな!!獣王ライガー!!
ちなみに海外版のゲームタイトルが「ライガー」っていう
そうです。 「アルゴスの戦士」というタイトルで何か不都合
があったんでしょうかね。


090301_2303~01.JPG090301_2304~01.JPG090301_2304~02.JPG
ようやくライガーを倒すことができた。
感動のエンディング画面です。
正直、最後はあっけなかったですね。強くなりすぎてたのか
ライガー弱かったです。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 さて、アルゴスの戦士をやってて思ったのですが、このゲーム
意外とその後のゲームに影響を与えているのかなと。
忍者龍剣伝と似ている部分がけっこう見られました。


090301_2303~01.JPG
こういう足場の厳しいところでの敵との攻防とか、落ち死にが
非常に多いんですよね。^^;
あとは、しゃがんで攻撃できないところで、しゃがまないと
攻撃が当たらない敵が出てきたりも。(汗)


 しかしながら、難易度バランスや雰囲気とテクモらしい良く
作られたゲームだと思いました。
ただ、やはりアーケード版を知っている者としては、やや物足り
ない感もありましたね。
骨太なアクションゲームがファミコンに必要なのかどうか?
そういう疑問を残しつつ、次の忍者龍剣伝に繋がったのならば
このアルゴスの戦士も、世に出た意味があったのではないで
しょうか。 (´ー`)y−~~
 


 また読みたいと思っていただけたらポチっを
 よろしくお願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
 人気ブログランキングへ



posted by び〜えむ at 21:29| Comment(4) | アルゴスの戦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルゴスの戦士は硬派です。女の子いないもん(笑
敵を踏むとぴょんぴょんするのが、不思議でしたね。
小学生の頃、盛り上がったのが、インドラっぽいおっさん
道具くれたりして、塔みたいなのの上にいるあれです。
ジャンプしても行けないし、出入り口も後ろに
無いのに、どうやって生活しているんだ?って(爆笑
 
リュウケンデンですね、あれは最高です。
1の難しさが。1面のボスに必殺のぐるぐるで
突っ込むと1秒で倒せますよ♪
Posted by ふきゅ at 2009年03月03日 13:52
>ふきゅさん
 そういえば、女らしきキャラは全く出てきませんでした。
ああいうアクションゲームは、当時はけっこうあったのに
RPGの影響からか、その後はあまり見なくなりましたね。
懐かしいです。

 忍者龍剣伝は、あのグルグルを知っているかどうかで
難易度が全然違いましたね。
ごり押しでないと結構厳しいかと。
ウチには1は無いけれど2はあるんですよ。笑
いきなり2をやるのもどうかと思って、今のところ
触ってないですけどね。^^
Posted by びーえむ at 2009年03月03日 22:49
こんばんわ
リクエストに応えてもらえて嬉しいです。
音楽と滑車がゲキムズということ以外忘れてましたが、
写真見たら懐かしくてたまんないです^^

レベル上げとか地味にやりましたよ。
不自然な扉とか何も違和感なかった気がします(^^;

あ、そうそう。これWiiで出てるみたいです(笑)
Posted by もっくる at 2009年03月07日 22:21
>もっくるさん
 意外とといったら失礼かもですが、面白かったです。^^
ただ、やはり横だけで良かったとは思うんですけどね。
アクションゲームって、意外とあまりやって無いので
変に新鮮でした。
また何かあったらよろしくお願いします。^^
Posted by びーえむ at 2009年03月08日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。